アルガンオイルと髪

アルガンオイルは、紫外線などの外部刺激でダメージを受けた髪の毛のケアにも効果を発揮します。

 

髪の毛の表面にはキューティクルと呼ばれる保護組織があることはご存知のことと思いますが、乾燥やダメージによってこのキューティクルが剥がれてしまうと髪はどんどん乾燥して、パサパサの広がりやすい髪の毛になってしまいます。

 

必要なのはうるおいなので、水で濡らしてまとめようとしても逆効果。同時に必要な栄養素も与えてあげないと、もうどうしようも出来ないほどツヤの無いダメージヘアになってしまいます。

 

髪の毛にアルガンオイルを与える時には、シャンプーの後のタオルドライした髪の毛自体に、適量を丁寧に揉み込んであげるのが効果的です。後はドライヤーで乾かしますが、アルガンオイルが熱から守ってくれるのでひとまずは大丈夫です。痛みが激しい時には乾いた髪に塗っても良いですが、スタイリング剤などに混ぜて使っても良いでしょう。

 

また、頭皮にダメージがあると育毛にも問題が出てしまいます。

 

入浴前に頭皮が乾いた状態でオイルを垂らし、しばらく揉み込むようにマッサージすると効果的です。蒸しタオルでしばらく毛穴を開いても良いですね。アルガンオイルはとてもサラッとしたテクスチャなので、マッサージ後に通常のシャンプーで整えればOKです。

 

皮脂やスタイリング剤で頭皮に汚れが残っているなと感じる時には、迷わずアルガンオイルマッサージです。血行も良くなって水分バランスも整いますので、髪の毛が見違えるようにサラサラになるでしょう。


このページの先頭へ戻る