アルガンオイルの成分

アルガンオイルに含まれる成分を細かく見ていきましょう。

 

まずとても豊富に含まれているオレイン酸やリノール酸といった脂肪酸の組成ですが、飽和脂肪酸が少なく、一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸が多く含まれています。

不飽和脂肪酸は血中の中性脂肪や悪玉コレステロール量の調整をサポートする働きがあり、特に多価不飽和脂肪酸は脳神経を発達させたりアレルギーを緩和するなどの有効な働きがありますので、とても健康に良い成分と言えます。

 

また、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールがとても豊富に含まれていて、身体が錆びつくのを防いでくれる、まさにアンチエイジング機能を持っているオイルと言えます。

 

また、ビタミン成分では利尿作用があるγ-トコフェノールが非常に豊富に含まれており、むくみの改善や高血圧性腎不全の改善にも期待が寄せられています。

 

他の樹木種子系のオイルにもとても健康に良い成分が含まれていますが、オリーブオイルやアーモンドオイル、アボカドオイルなどと比べてもアルガンオイルは飛び抜けた必須脂肪酸含有量とトコフェノール量を誇っていて、健康面で見ても美容面で見ても、稀に見る優秀なオイルであることが証明されています。

 

これほどのオイルを生み出すアルガンツリーが絶滅しなくて済んだことは、人間にとってとても有意義なことと言えるでしょう。有効成分量の多いアルガンオイルですが、サラサラとしてベトつかず、肌の上でも伸びがよいために昔からオイルマッサージなどにも多様されていたようです。


このページの先頭へ戻る